夏のリース

2018.08.21 Tuesday

ようやく朝晩は涼しさを感じられるようになってきましたね。

子供たちは、あとわずかの夏休みになりました。宿題出来たかな?

デイサービスでは、フェルトの夏のリースが出来上がりましたよ。

JUGEMテーマ:handmade

かわいいお帽子のカメさん

2018.08.03 Friday

夏休みで帰省してこられる曾孫さんのために作られた、フェルトのカラフルなカメさんです。

きょうだいで、取り合いにならないようにと、二つ作りましたよ。

帰省するたびに成長している曾孫さんの話をしながら、「次は何を作ろうか、何が喜ばれるかな?」と、職員と相談しておられます。

JUGEMテーマ:handmade

『金』と『福』の招きうさぎ

2018.08.02 Thursday

これはちょっと珍しい、黄色と白の招きうさぎです。

それぞれの巾着袋には、『金』と『福』が入っていますよ。

あなたは、どちらを選びますか?(^o^)

JUGEMテーマ:handmade

おさるのモビール

2018.08.01 Wednesday

なかよくつながりました。三匹のお猿のモビールです。

ぶら下げると、あっちこっち向いて、うまく写真がとれないので、やむなく机の上で撮影しました。

「見ざる言わざる聞かざる」なんてことはありません。お部屋でクルクル回って、元気に愛想を振りまきます。

JUGEMテーマ:handmade

絵本『あんやと!ばあちゃん』絶版に

2018.07.31 Tuesday

リビングデイサービスの実践から生まれた絵本の第二弾『あんやと!ばあちゃん』の出版社の在庫がなくなり、あとは書店に並んでいる分だけになりました。

『日本図書館協会選定図書』に選ばれ、テレビ朝日の『世界が愛した絵本』(2015年9月19日放送)でも放映されました。

今のところ再版の予定はありません。お買い求めになっていないかたは、ぜひ早めのご注文をお願いいたします。

JUGEMテーマ:絵本紹介

ピンクのウサギ

2018.07.31 Tuesday

さわやかなピンク色のウサギができあがりました。

完成を楽しみにして喜んでくれる、お孫さん、ひ孫さんがいてくれると、とてもうれしいですね。

次の作品づくりにも、とっても意欲がわきます!

JUGEMテーマ:handmade

猫のみーちゃんのこと

2018.07.30 Monday

デイサービスに通う一人暮らしのお年寄りが、引っ越しのために、それまで飼っていた猫が飼えなくなりました。

 

引き取り先をあちこち探しましたが、みつかりません。それでデイサービスの施設長が自宅に引き取ることにしました。

 

しかしなにせ猫を飼ったこともありません。みーちゃんは10歳のメスの三毛猫でおとなしい性格ですが、新しい環境に慣れてくれるかどうか、とても心配しました。

 

はじめの数日は、ずっと机の下の暗い場所に隠れていて、おしっこもうんちも遠慮しているのか、なかなか出ません。

 

でも、1週間もすると、リビングに出てきてゴロンと転がったり、リラックスする姿も見えるようになりました。トイレも順調にできるようになりました。

 

暗い机の下からでて、明るい窓際に、自分のホームポジションも決めたようです。

 

今ではすっかり、新しい家で、新しい家族の一員になりました。

 

さみしい夫婦の家にやってきた、わが家のアイドルです!

 

JUGEMテーマ:にゃんこ

ピンクと黄色のシナモン

2018.07.30 Monday

週末の逆走台風、皆さんの地域では被害はありませんでしたか。

被災地の皆様には、心からお見舞いを申し上げます。

今週も、かつてない暑い日々が続くようです。エアコンを十分に活用して、熱中症にならないように過ごしましょう。

最近困っていること

2018.07.29 Sunday

連日の激暑、各地の大雨台風被害が続いていますが、皆様はご無事でお過ごしでしょうか。

 

最近わたしたち、リビングデイサービスの経営で困ったことが起こっています。

 

ご存知の通り、国の定めた介護報酬は、長年とても低く設定されてきたため、それだけではデイサービス職員に十分な給料を払うことができません。

 

そのため、わたしたちの会社では副業でコインパーキングの経営を行い、その収益を職員の給与にあてています。

 

そのコインパーキングの真ん前の道路に、突然足場が組み上がり、もともと狭い道が片側交互通行になってしまいました。

 

建設会社からは事前に何の連絡ありませんでした。

 

警察に問い合わせたところ、うちだけでなく、近所の方から何人も、町会長さんからも苦情の電話がきているとのことでした。

 

なんと工事は11月末まで、半年近くも続くそうです。

 

建設会社は、事前に近隣に何の説明もせずに、道路占有を始めたのです。

 

もともと狭い道路が、片側通行になってしまい、コインパーキングの出入りにも支障がでています。売り上げも落ちています。デイサービス職員の給与はどうなってしまうの?

 

道路占有許可を出した、市役所の道路管理課にも問い合わせたところ、

「事前に近所に説明をしないなんて、常識的にあり得ない。誘導員を置くなど、交通の対策があれば許可は出すが、営業補償については、建設会社がきちんと対応すべきだ。」

とのことでした。

 

その後、市役所から建設会社に対して、近隣に説明をすることと、営業補償についても指導してくださったようです。

 

数日後、建設会社の役員の方が説明に来られました。

 

しかし、「営業補償は一切しない。足場を10センチ下げ、カーブミラーをつけるので、それで勘弁してほしい。」と言われました。

 

この建設会社の言い分をそのまま聞けば、一民間企業のなりふりかまわぬ営業姿勢によって、何の落ち度もない、まじめに働く介護職の給与が下げられてよいということになってしまいます。

 

それは企業倫理としてどうなの?弱い者いじめじゃないの?

 

「工事を発注した施主さんにも、近所で困っている人がいることを伝えていただき、真摯に対応してほしい」建設会社の役員さんには、そう伝えました。

 

みんなにとって良いかたちで解決できるように祈り続けます。また。ブログでもご報告します。

グレーの猫のぬいぐるみ

2018.07.11 Wednesday

みなさま、暑〜い日が続きますが、お元気でしょうか。

猫たちに見習って、省エネモードでグターッと生きていきましょう・・・なんてね(^^)

これは、98歳のおばあちゃんが作られた子猫のぬいぐるみです。

リビングデイサービスは利用者の年齢幅も広いので、70代の利用者の方々も、100歳近いお年寄りが自分たちより上手に作られるのを見て、驚きつつがんばっておられますよ。

 

JUGEMテーマ:handmade