幼老一体施設への展開

2018.12.12 Wednesday

幼老一体施設への展開
リビングデイサービス 施設長 小坂直樹

 

 2000年の介護保険施行と同時にスタートした、わたしたちのリビングデイサービスは、来春おかげさまで20年目の節目を迎えることになりました。


 近年、こども、お年寄り、障害者といった、従来の縦割り福祉の型を打ち破り、地域のすべての世代の人を受け入れる、富山型デイサービスを始めとする、地域共生型サービスを、国も推進するようになってきました。


 こどもとお年寄りが一つ屋根の下で生活することには、こどもの思いやりと優しさの気持ちを育てる効果や、お年寄りが自分の役割を見つけ生活意欲が高まるなど、さまざまな効用が報告されています。


 リビングデイサービスは、この19年間地域のお年寄りと共に過ごす、老人デイサービスセンターとして運営を行ってきましたが、2019年4月より、地域の放課後児童を受け入れる民間学童保育を立ち上げる準備をしています。


 学童を受け入るもう一つの理由には、地元の南小立野小学校校区の学童保育が、支援員不足のため、希望者全員を受け入れることができないという、ひっ迫した現状があります。


 リビングデイサービスの職員には、保育士の資格を持つ者もおり、看護職員も常駐しています。隣には小坂医院があり、緊急時には医師の対応も可能です。それ以外の職員も、全員介護福祉士の資格をもっており、心身に障害を持つお子さんのケアの教育を受けています。


 大人数の学童保育では過ごすことの難しかった、配慮の必要なお子さんでも過ごしやすい環境であるといえます。

 

 来年度に向けて、一人でも多くのこどもたちに、放課後安心して過ごせる新しい居場所を作っていきたいと考えています。


今月の祈り『12月 クリスマスの祈り』

2018.12.12 Wednesday

『クリスマスの祈り』

12月の街は、にぎやかです。

大きなクリスマスツリーに、

まばゆいイルミネーション。

子供たちは、サンタさんからの

プレゼントを楽しみに待っています。

救い主が生まれた、その夜を祝って

家族が食卓を囲み、みんなで

幸せにケーキを分かち合います。

でも、そんな夜にも、

仕事をしている人がいます。

病室で過ごす人がいます。

戦場でおびえる人がいます。

一人ぼっちの人がいます。

そんなみんなのことを、どうか、

私たちが忘れないようにしてください。

神様。あなたが、

みんなと一緒にいてくださいますように。

JUGEMテーマ:クリスマス

良い木は良い実を結ぶ(チャペルアワーより)

2018.12.01 Saturday

『良い木は良い実を結ぶ』
イエスは、よく繁った木に実る、ブドウやイチジクの実が大好きでした。そして、このように言いました。
「良い木が良い実を結ぶのです。決して、悪い木が良い実を結ぶことはありません」
そう言って、よく伸びた枝に実るブドウの実を手に取り、弟子たちに分け与えて言いました。
「この美しく、大きなブドウの実を手に取ってみなさい。味わってごらんなさい。とても、甘くておいしいでしょう。
そして、その木を見てみなさい。
神が与えてくださった、日の光をいっぱいに浴びて、雨から十分な水分を得て、すくすくと育っています。
このように良い木が良い実を結ぶのです。
その実を見て、味わってみれば、その木が良い物かどうかがわかります。
あなたがたにも、同じことがいえます。
良い人は、良い心の中から、良い物をもたらし、悪い人は、悪い心の中から、悪い物をもたらします。
その人の心から満ちあふれたものが、その人の口から語られるのです。
(新約聖書マタイ福音書7章15〜20節、ルカ福音書6章43〜45節による創作)

 

『あなたは?』

果物の木が良い実をつけるためには、何をしたら良いと思いますか?

自分の良い心を育てるには、何をしたら良いでしょうか?

みんなで話し合ってみましょう。

水色ぞうさん

2018.11.19 Monday

ようやく、秋めいてきましたね。寒い寒いなんて言ってないで、きょうもがんばるゾウ!

『野に咲く花のように、空を飛ぶ鳥のように』(チャペルアワーより)

2018.11.12 Monday

『野に咲く花のように、空を飛ぶ鳥のように』(チャペルアワーより)

 明日のことが心配で心配でたまらない、「どうしよぅ、心配や、大丈夫かぁ」と、いつも口ぐせのように言う人がいました。
 そんな人にイエスは言いました。
 さあ、青空を見上げて、大空を飛ぶ鳥を見てごらんなさい。
 種をまかず、 刈り入れもせず、納屋も倉も持ちません。それでも神様は、鳥がお腹をすかせることのないように、ちゃんと、やしなってくださいます。
 野に咲く美しい花を見てみなさい。働きもせず、紡ぎもしないけれど、世界で一番栄えた王でも、この花一つほどにも、着飾っていなかっでしょう。
 今日は野にあって、明日は刈り取られる花でさえも、神様はこのように立派に装ってくださるのです。
あなたは、花や鳥よりも、もっと価値のある人間なのですから、なおさら神様は、よくしてくださるのですよ。
 神様は、あなたに何が必要なのかを、ちゃんと知っておられます。真剣に祈って求めれば、求めたものに、さらに加えて与えてくださいます。
 明日のことは心配しないで大丈夫。今日の苦労は今日だけで十分なのですよ。
(新約聖書マタイ福音書6章25〜33節、ルカによる福音書 12章22〜31節による創作)
 
『あなたは?』
今の心配なことは何ですか。
その心配事は解決できると思いますか。
それとも、あきらめないといけないことですか。
みんなで知恵を出し合って考えてみましょう。

コケコッコー。今日も良い一日を!

リビングデイサービスさん(@livingday)が投稿した写真 -

道楽息子のたとえ(チャペルアワーより)

2018.11.04 Sunday

今週の聖書のお話
『道楽息子のたとえ』
 イエスはこんなたとえ話をしました。
 ある金持ちの家に、二人の息子がいました。兄は真面目で父の仕事をよく手伝いました。弟は遊び人で、父の財産を半分もらって、旅に出てしまいました。
 弟は遠い国で、はじめは贅沢な暮らしをしていましたが、すぐに財産を使い果たし、豚の世話の仕事をして、わずかのお金をもらい、なんとか生活していました。
 食べるものにも困って、豚のえさでも食べたいほどでしたが、誰も助けてくれません。
 弟は後悔しました。家にいれば、あり余るほど財産があり、なに一つ不自由のない暮らしができたのに、今は飢え死にしそうです。
 もう、息子とは呼んでくれないだろうが、父にあやまって、召使として雇ってもらおう。そう決心して、弟は家に向かいました。
 家では毎日、父が弟のことを思って窓から遠くを眺めていました。すると、ある日弟の姿が見えたのです。父は走って行き弟を抱きしめ、一番良い服を着せ、ごちそうを与えました。
 その様子をみた兄は、不公平だと父に激しく怒りました。父は兄に言いました。
「お前はいつも私といる。私のものはすべてお前のものだ。弟は死んだと思っていたのに、生きていたのだ。みんなで喜んで当然ではないか」
(新約聖書ルカ福音書15章11節〜32節による創作)

 

『あなたは?』

不まじめな兄弟が、財産を使い果たして帰ってきたら、優しくしてあげられますか。

自分の子供ならどうでしょうか。

神様は、本当に遊び人の弟を許してくれるのでしょうか。

みんなで考えてみましょう。

フェルトの猫の壁掛け

2018.10.23 Tuesday

フェルトで作った、可愛いニャンコの壁掛けです。

三毛にハチワレにトラと、どんどん仲間がつながって増えていきますよ。

JUGEMテーマ:handmade

『あとの者が先になる』

2018.10.21 Sunday

『あとの者が先になる』
イエスは天国のことを、このようにたとえて言いました。
あるぶどう園の主人が、刈り入れの忙しい時期に働き手を探して、朝早く町に行きました。
そして、仕事のない人たちに「1日1万円で働かないか」と声をかけました。
何人かの働き手が見つかりましたが、まだ足りません。10時と12時にも町に行って、同じように人を集めました。
それでも人が足りないので、主人は夕方にも町に行きました。すると、1日仕事につけなかった人たちがいました。

主人は「すぐに、わたしのぶどう園に行って仕事をしなさい」と言いました。
その日のぶどう園の仕事が終わると、まず主人は、夕方に来た人たちに「おつかれさま」と言って1万円を渡しました。
朝から来た人たちは、自分らはもっともらえると思ってワクワクしていました。でも主人は、どの人にも同じく1万円を渡しました。
「わしらは、朝から1日がんばって働いたのに不公平だ」と怒る人がいました。
しかし、主人は言いました。「君らは1日1万円で納得して、ここに来たのだろう。わたしは、どの人にも同じだけあげたいのだ」
このように、天国では先の者があとになり、あとの者が先になるのです。

(新約聖書マタイ福音書20章1節〜16節による創作)

 

『あなたは?』

1時間しか働いていない人と、8時間働いた人が同じ給料だったら、不公平だと思いますか。
天国では、なぜ、あとから来た人も、最初からいた人も平等に扱われるとイエスは言ったのでしょうか。
それぞれの考えを出し合って考えてみましょう。

くまさんのティッシュケース

2018.10.15 Monday

みなさん、こんにちはー!

水色のタオル生地で作った、かわいいクマさんが、ティッシュケースから顔を出していますよ。

JUGEMテーマ:愛しのテディベア!

『良いことは隠れてしなさい』(チャペルアワーより)

2018.10.14 Sunday

 

『良いことは隠れてしなさい』
 イエスは言いました。

「自分の良い行いを、人前で見られないように気をつけなさい。そうしないと、神様からのごほうびをいただくことができません。
 近所のお年寄りの、ちょとした困りごとを手伝ってあげたり、地震や災害で家や仕事を失った人への援助は素晴らしいことです。
 しかし、本当は相手のためではなく、自分が人からほめられるために、そのようなことをする人がいます。そんな人は、自分はこんなに良いことをしたのだと、みんなの前で得意になって言いふらします。
 まるで、たくさんの人が集まる大通りで、大きな音でラッパを吹き鳴らしているようなものです。

 その人は、人から「えらいね」と言われることで、もう、ごほうびをもらっているのですから、神様からのごほうびはもらえません。
 良いことをするときには、右手でしていることを、左手に知られないくらいに、ひそやかにしなさい。
そうすれば、いつも隠れたところを見ておられる神様から、あなたにごほうびが与えられるのです。」
(新約聖書マタイ福音書6章1節〜4節による創作)

 

『あなたは?』
人に見られないところで、よい行いをしたことはありますか。
人からもらうごほうびではない、神様から与えられるごほうびとは何でしょうか。
それぞれの思うことを話し合ってみましょう。

続きを読む >>