9月からのクラフトカフェ

2012.08.30 Thursday

 デイサービスの余裕資源を活用して、世代間交流を図る試みとして4月にスタートした「クラフトカフェ」を、9月からは朝9時半から4時まで、これまでより時間を拡大して行うことにしました。
 手作り活動を通して、子供からお年寄りまでの交流の場を作ることが目的です。初心者でも、かわいいぬいぐるみが作れるようになりますよ。手芸の上手なおばあちゃんたちが教えてくれます。
 

クラフトカフェ初日

2012.04.09 Monday

  デイサービスの午後の2時間を地域に開放する試み、クラフトカフェ
今日からはじめました。今日は一般の方の参加はありませんでしたが、デイサービスの居残り組で、おだやかに創作の時間を過ごしました。
 「デイサービスの利用者にとっては普段の活動とどう違うの」という質問には、「これまでリビングデイサービスでは、自分や家族、友達のための手芸活動を中心に行ってきましたが、クラフトカフェでは社会とのつながりを求めていきたい、一人一人が何か社会貢献できることを考えていきたい」という主催者の考えを伝え、参加者から了解を得ました。
 今月の取り組みとしては、5月の大型連休に職員が岩手に持って行く作品を準備しようということになりました。参加者の提案で今日は、すでにいくつかの作ったぬいぐるみを入れる袋や、フェルトの台座の製作にかかりました。
 普段から少人数のデイサービスですが、今日のカフェはより少数で、一人一人と落ち着いてお話しができて、お年寄りもおだやかにおられたように思います。
 これからの、やり方、考え方しだいで、カフェをどのようにでも発展させていけるように感じました。
1