絵本「おばあちゃんのノート」初めての著者読み聞かせ会

2012.02.19 Sunday

 今日は、金沢市立玉川こども図書館で、絵本「おばあちゃんのノート」の、初めての著者による読み聞かせ会を行いました。
 子供15人、大人15人、「おはなしの部屋」がちょうどいっぱいになるくらいの人が集まってくださいました。
 お天気にも恵まれ、おはなしの部屋の大きな窓からは、冬の合間の明るい太陽の光が差し込み、あたたかな雰囲気の中でお話ができました。
 1才から小学校高学年くらいまで、やや年代の幅の広いお子さんたちがおられたので、最後まで静かに聞いてもらえるかな?と、少し心配しましたが、10分の読み聞かせと、前後2,3分のお話の間、誰一人歩き回ったり、声を上げたりする子供はおらず、全員が前を向いて真剣に聞いてくれたことが、とても印象に残りました。
 15人の子供たちがそれぞれに、このお話から、何かを感じてくれたことを期待しています。
 館長さんと担当の職員さんのご厚意で、これからも、こども図書館で定期的に介護のお話と絵本の読み聞かせをさせていただくことになりました。ぜひ皆さんも、おいでください。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL