いつか自分もサンタさんのように

2014.12.24 Wednesday



 「今年も、サンタクロースは来てくれるかな」。毎年クリスマスが近づくとワクワクして待った幼き日のイブの夜と、キリスト教の幼稚園で習った「受けるよりも与える方が幸いです」という聖書の言葉を思い出します。
 人から、してもらうことばかり考える大人に育ってしまった自分にとって、いつもドキッとさせられる言葉です。サンタさんは、自分がしてもらうことなど一つも考えずに、世界のあらゆる国の子たちに、夢と幸せを届け続ける人です。
 わたしたちみなが、サンタさんのように、誰にでもわけへだてなく希望を与え続ける人になれば、きっと、この世から貧困も戦争もなくなることでしょう。
 いつか世界の子たちとともに、自分もサンタさんのようになれることを夢見て、メリー・クリスマス!
(北國新聞朝刊2014年12月23日)
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL