勇気出しあいさつ笑顔の返事に驚き(読売新聞気流)

2015.02.15 Sunday

勇気出しあいさつ 笑顔の返事に驚き
介護福祉士 小坂直樹 49(金沢市)

毎朝、職場のデイサービスセンターから車で、利用者を自宅まで迎えに行きます。狭い路地で車を止め、利用者が乗るまで道を塞いでしまうことがあります。そんな時、いつもクラクションを鳴らして「早く動かせよ」と言ってくる年配の男性がいます。
ある朝、車を降りて勇気を出し、「おはようございます。いつも待っていただいてありがとうございます」と笑顔であいさつしました。どなり返されるかなとドキドキしましたが、予想外の笑顔で「いつもご苦労さん」と答えてくれて、とてもうれしく思いました。
その時ふと、本で読んだ「人は自分を映す鏡である」という言葉を思い出しました。真心を持って接すれば、相手も優しく応じてくれるのだと思います。職場でも、この言葉を忘れずに利用者に接していこうと改めて決意しました。
(読売新聞 気流 2015年2月14日)
コメント
はじめまして。うちもデイサービスですが、とくにあさのそうげいじめいわくをかけることがおおく、えしゃくていどですませていましたが、いっぽふみこんでみることのたいせつさをおそわりました。すみませんかんじにゅうりょくができずしょうがくせいみたいになってしまいました。
コメントをありがとうございます。
本当に「一歩踏み込んでみること」って大事ですね。
そこから新しく見えてくるものがありますね。
  • by なおき
  • 2015/07/15 4:43 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL