たった一人が感謝した(チャペルアワーより)

2017.12.09 Saturday

『たった一人が感謝した』
 どんな病気でも、たちどころに治すと噂になっていたイエスを信じて、十人の重い皮膚病の男たちが収容所から逃げ出して、イエスのところにやってきました。
「俺たちの病気を治してください。病気が治らないと、収容所から家に帰る許可がもらえないのです。」と、男たちは叫んでいます。
 イエスは、男たちに言いました。
「すぐに、病院へ行きなさい。そこで病気が治ったという診断書をもらって、家に帰るお許しをもらいなさい」
 男たちは、まだ病気が治っていませんでした。しかしイエスがそう言うのなら、きっとその通りになるだろうと信じて、十人は病院へと歩き出しました。
 すると、その道の途中で、本当に十人全員の病気が治ってしまったのです。
 そのうちの九人は喜んで病院へ行き診断書をもらって、元の家に戻りました。
 さて、残りの一人はどうしたでしょう?
 その一人は、イエスのところへ飛んで帰って、ひざまずいて感謝を捧げたのです。
イエスはその男に
「さあ、立ち上がって行きなさい。あなたの信じる心が、あなたを救ったのだよ」
と言って、やさしく送り出しました。
 重い皮膚病の男のうち九人は、体だけは清められて、元通りの生活に戻りました。
 たった一人だけ、イエスに感謝を捧げた男は、体だけでなく、心も清められて、それまでとは全く違う、新しい人生を始めたのです。
(新約聖書ルカ福音書17章11から19節による創作)

 

『あなたは?』
感謝しなければならない相手に、感謝をし忘れていることはないでしょうか。
ほかの人の意見も参考に、普段の自分を振り返ってみましょう。

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL