天地のはじまり(リビングデイサービス・チャペルアワーより)

2016.01.02 Saturday


『天地のはじまり』(リビングデイサービス・チャペルアワーより)
 はじめに神は、地と天を作りました。
 真っ暗やみの中に、水がただよい、その上に神の霊が動いていました。神が「光あれ」と言うと、あたり一面が、パッと明るくなりました。光を昼、やみを夜と名づけて一日目が終わりました。
 二日目に、神が「水の上に、大空あれ」と言うと、たちまち空ができあがりました。神は、その大空を天と呼びました。
 三日目に、神が「水よ、一つに集まれ。乾いた場所よ、現れよ」と言うと、海と陸地ができました。そして「種のなる草と、実のなる木よ、芽ばえよ」と言うと、草木が芽ばえ始めました。
 四日目に、神は「大空に、光る物あれ。地を照らして、昼と夜を分け、月日と季節のしるしとなれ」と言いました。すると、大きな二つの光と、星たちが輝きはじめたのです。
 五日目に、神は「海は、群れの生き物で、いっぱいになれ。大空には、鳥が飛び回れ」と言い、海の生き物と、つばさを持つ鳥たちを作りました。
 六日目に、神が「地は、家畜と、地面をはい回る動物と、けものを生み出せ」と言うと、そのとおりになりました。最後に神は、自分に似せて、人を作りました。そして人を祝福して「種のなる草と、木になるくだもののすべてを、食べ物として、あなたに与えよう」と言いました。
 神は、作ったすべてのものを見て「とても良い」と、満足して言いました。神は、天地のすべてを完成し、仕事をはなれた七日目の日を、清められた安息の日としました。
(旧約聖書創世記1章1節から2章1節より、小坂直樹が意訳した)

『あなたは?』
 大地や自然の命は、人の力では、決して一から作りだすことのできないものです。それらを大切にするために、自分たちにできることは何だと思いますか。みんなで、思いついたことを話し合ってみましょう。

『分かち合いより』
 「天地のすべては、神さまが作られたものだから、感謝しなければならない」という意見と、「本当に神さまなんかいると思ってるの?ただの、自然でしょ」という意見がでました。「神さまは拝まないけれど、ご先祖様を参っている」という方もおられました。
 「どうして信じられる?」「どうして信じないの?」と、熱い討論もありました。ひとりひとりのお年寄りが真剣に考えて、話してくださることを、とてもうれしく思いました。もちろん、話し合いのあとは、また、いつもの仲良しに戻りましたよ!
 自分の意見を大切にするのと同じように、人の意見も尊重すること、いろんな考え方を認め合うことができる場であってほしいと考えて、チャペルアワーを進めています。それが、平和への第一歩だと思いますから。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL