『故郷で受け入れられない』(チャペルアワーより)

2017.05.28 Sunday

『故郷で受け入れられない』
 とても貧しい人や、重い伝染病の人など、差別されている人たちをはげまし、共に食事をして、元気づけ、生きる力を与える旅を続けていたイエスの評判は、ユダヤの国中で高まっていきました。

 その旅の途中で、イエスのふるさと、ナザレ村に立ち寄ったときのことです。

 ナザレの教会で、イエスの説教を聞いた村人たちはみな驚きました。弱い立場にある人をこそ大切にしなさいという、神の教えを伝えるイエスの姿は、人々を強く勇気づけるものだったからです。

 しかし、村人たちはあやしんで言いました。

「まてよ。この男は村の大工の子ではないか。いったい、どこでこんな知恵を身につけてきたんだ」

 また、ある人は言いました。

「この人の母親はマリアだ。弟も妹も近所に住んでいるからよく知っている。人を教えるような者じゃない。ただの村の人だ」

 そんな村人たちの声を聞いたイエスは言いました。

「預言者(神の言葉を告げる人)は、故郷では受け入れられないとは、このことだ」

 村人たちは、これを聞いて「何を生意気な」と言って、イエスを教会から追い出してしまいました。

 そして、村のはずれまで、イエスを追いかけて行って、ガケから突き落とそうとした者までいたそうです。

(新約聖書マルコ福音書6章1節〜6節による創作)

 

『あなたは?』
人から、生まれや育ちで判断されて、くやしい思いをしたことはありませんか。

そのとき、どんな気持ちになりましたか。

話しても差し支えない範囲で、その時の気持ちを話し合ってみましょう。

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL