すりきれない財布(チャペルアワーより)

2017.08.26 Saturday

『すり切れない財布』
昔、金持ちの男がいました。ある年のこと、その男の畑が大豊作になり、しまっておく場所がないほど、たくさんの作物がとれました。
それで男は、大笑いしてこう言いました。
「今もっている倉をこわして、もっと大きな倉を建てよう。そこに、食料と財産をしまいこんで、これから何年も遊んで暮らすんだ。ワッハッハ!」
そんな男に、イエスは言いました。

「いくら地上に財産をため込んでも、今夜あなたが死んでしまったら、その財産は、いったい誰のものになるのですか?
しかも、地上の倉には、虫がくったり、さびついたり、泥棒が忍び込んで、盗んでいったりします。
財産を天国にためなさい。そこでは虫が食うことも、さびつくこともなく、泥棒に盗まれる心配もないのです。
余分な持ち物とお金を、困っている人に分け与えなさい。そうすれば、天国のすり切れることのない財布に、尽きることのない財産を積むことになるのですよ。
あなたの財産のあるところに、あなたの心もあるのです。この世ではなく、天国に財産をためなさい。」
(新約聖書マタイ福音書6章19節〜21節による創作)

 

『あなたは?』
今、お金をもらうか、天国でごほうびをもらうか、どちらかを選べるとしたらどちらを選びますか?

難しく考えずに、思ったことを、素直に話し合ってみましょう。

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL