地の塩、世の光(チャペルアワーより)

2017.12.18 Monday

『地の塩、世の光』
 イエスは、教えを求めて集まった人々に、こう語りかけました。

「あなた方は、地の塩です。
塩は、食べ物のおいしい味を引き出し、腐るのを防ぎます。
あなたがたも、人の良いところを引き出し、世の中の腐敗を防ぐ、塩となりなさい。
もしも、塩が塩味をなくしてしまったら、どうなるでしょう。
塩気のない塩は、何の役にも立ちません。ただのゴミとして、投げ捨てられてしまうでしょう。
あなたがたは、世の光です。
暗く沈んでいる人のとなりに行って、明るく元気づけてあげなさい。
明るく輝くランプを、わざわざテーブルの下に置く人はいないでしょう。
ランプをテーブルの上におけば、部屋じゅうの人を照らすことができます。
さあ、あなたの明るい笑顔を、人々の前に輝かせなさい。
神があたえてくださった、一人ひとりの心の中にある、明るい光を、一人でも多くの人に届けるのです」

(新約聖書マタイ福音書5章13節〜14節による創作)


『あなたは?』

 ̄をどんな料理に使いますか。その時、塩はどんな役割を果たしますか。
△錣燭靴燭舛地の塩、世の光になるとは、どんな意味だと思いますか。塩と光のたとえから、イエスはわたしたちに、どんな働きを求めているのでしょうか。みんなで考えてみましょう。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL