人をゆるしなさい(チャペルアワーより)

2017.01.14 Saturday

『人をゆるしなさい』

 ある時、イエスの弟子ペテロが聞きました。

「悪いことをする人を、何回までゆるしたらよいですか。7回までですか」
 イエスは答えました。

「7回ではとても足りない。7の70倍までゆるしなさい」
 そして、一つのたとえ話をしました。
 ある家来が、王様から100万円の借金をしていました。ところが、ぜいたくやギャンブルのしすぎで、期日までに借金を返すことができなくなり、王様に土下座して頼みました。
「借金を返すためには、家財道具をすべて売り払っても足りません。妻子を奴隷に売らなければなりません。これからは心を入れ替えてまじめに働きます。どうか返済を待ってください」
 それを聞いた王様は気の毒に思い、家来の借金を帳消しにしてやりました。
 その家来は喜んで家に帰る途中で、あることを思い出しました。昔1万円を貸したのに、なかなか返してくれない友人がいたのです。
 家来は走って行き、「今すぐに金を返さないと裁判所に訴えるぞ。1万円を返すまで、お前のことを一生ゆるさない」と言い、友人の首をしめて脅しました。
 このことを知った王様は心を痛め、家来を呼んで言いました。「悪い家来よ。お前が頼んだから、わしは100万円の借金を帳消しにしてやったのだ。なのに、お前は、たった1万円のことで、友人をゆるせないのか」
(新約聖書マタイ福音書18章21節〜34節による創作)

 

『あなたは?』
家族や友人など身近な人に対して、どうしてもゆるせないことはありますか。
それの理由は何ですか?
自分が人をゆるすためには、どうしたらよいでしょうか。
みんなで、率直な思いを話し合ってみましょう。

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL