『ラクダが針の穴を通る』(チャペルアワーより)

2018.10.05 Friday

『ラクダが針の穴を通る?』
 あるさわやかな身なりの青年が、イエスのもとにやってきて、教えを乞いました。
「先生、天国に行くためには、何をしたらよいのでしょうか」
 イエスは、答えました。
「あなたもよく勉強しておられるようだから、神の教えはご存じでしょう。

殺してはならない。

不倫をしてはならない。

盗んではいけない。

嘘をついてはいけない。

だまし取ってはいけない。

父母をうやまいなさい」
 青年は言いました
「先生の言われることは、すべて守ってきました」
 イエスは青年を、いとおしく見つめて言いました。
「あなたに、一つ、欠けていることがあります。あなたの財産を売り払って、貧しい人たちに与えなさい。」
 青年は顔をくもらせて、去っていきました。有名な金持ちの御曹司だったのです。
 イエスは、弟子たちに言いました。
「富豪が天国に入るのは、なんと難しいことだろう。金持ちが天国に入るよりは、ラクダが針の穴を通るほうが、まだ易しいくらいだ」
 弟子たちは驚いて、口々に言いました。
「それでは、一体誰が救われるのでしょうか」
 イエスは、弟子たちを見つめて言いました。
「人間にはできないことでも、神にできないことは、何一つないのだよ。地上の富よりも、神を信じて生きなさい」
(新約聖書マルコ福音書10章17節から27節よる創作)

 

『あなたは?』

天国に行くためには、どんなことをしたらよいと思いますか。

具体的に、今日から自分にできることを、みんなで考えてみましょう。

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL