『ある病人の祈り』(チャペルアワーより)

2017.02.05 Sunday

『ある病人の祈り』
成功するために、強くなりたかったのに、
謙虚になりなさいと、弱さを与えられた。
大きな事を成し遂げたいから、健康になりたかったのに、
より良いことをしなさいと、病気を与えられた。
幸せになりたいから、大きな財産がほしかったのに、
かしこくなるための、貧しさを与えられた。
偉い人と呼ばれたいから、権力がほしかったのに、
神を信じるために 弱さを与えられた。
楽しい人生を送るために、すべての物がほしかったのに、
すべてが楽しいと思える、慎ましい人生を与えられた。
ほしかった物は、何一つ与えられなかった。
でも、わたしが言葉にできなかった祈りを、
神は、すべてかなえてくださった。
わたしは、この世の誰よりも神に祝福されている!
(ニューヨークのリハビリ研究所の受付の壁にある作者不詳の詩より)

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL