『弟子の足を洗う』(チャペルアワーより)

2018.02.10 Saturday

『弟子の足を洗う』
いつも弱い者の味方をして、権力者からねたまれていたイエスは、近いうちに自分は殺されるだろうと悟りました。

そして、十字架にはりつけになる前夜の夕食で、あらためて弟子たちへの愛情を示したのでした。
イエスは食事の途中で上着を脱ぎ、腰に布を巻いて、水の入った桶を持ち、弟子たち一人一人の足を洗い始めました。
イエスが突然、召使いのようなことを始めたので、弟子のペテロはびっくりして言いました。
「わたしの足など、お洗いにならないでください」
すると、イエスはやさしく言いました。
「あなたたちの先生である、わたしが弟子の足を洗ったのだから、あなたたちも、お互いに足を洗いあいなさい。
わたしが、あなたたち一人ひとりを大切に愛したように、あなたたちもお互いを大切に愛し合うのです」
そんなイエスの言葉を聞き流して、その場から離れていった一人の弟子がいました。
それはイエスを裏切って、敵の手に引き渡した、イスカリオテのユダでした。
(新約聖書ヨハネ福音書13章1節から38節による創作)

 

『あなたは?』
人を愛するとき、大切にするとき、どんな行いで示しますか。
反対に、人からどんなことをしてもらったら、うれしいですか。
みんなで、話し合ってみましょう。

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL