『敵のために祈りなさい』(チャペルアワーより)

2017.10.07 Saturday

『敵のために祈りなさい』
 昔の人は「目には目を、歯には歯を」と言いました。ひどいことをされたら、やり返せということです。
 しかしイエスは言いました。悪に歯向かってはなりません、あなたの敵を愛しなさい。
 自分によくしてくれる人だけを愛することなら、泥棒や人殺しでさえもします。そんなことで、あなたに何の恵みがあるでしょう。
 あなたを憎む人に、親切にしなさい。あなたの悪口を言う人の、幸せを祈りなさい。
 あなたのほおを打つ者には、反対のほおを向けてやりなさい。
 人の上着をとろうとする相手には、シャツも持たせてやりなさい。
 相手が良い人であろうと、悪い人であろうと、求める者には誰にでも与えなさい。
 わたしたちの神様は、良い人にも、悪い人にも、何の区別もなく、同じように太陽を昇らせ、雨を降らせて、恵みを与えてくださいます。だから、あなたもそうしなさい。

(新約聖書マタイ福音書5章38節から48節による創作)

 

『あなたは?』

自分にいやなことをする人に、笑顔で挨拶できますか。

イエスが教えたように、自分に嫌がらせをする人に、よくしてあげることはできるでしょうか。

できないとしたら、それはなぜでしょうか。

みんなで、率直な思いを話し合ってみましょう。

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL