『丈夫な人に医者はいらない』

2018.04.14 Saturday

『丈夫な人に医者はいらない』

イエスが生きていた時代、税金の取り立て屋は、みんなから嫌われていました。
なぜかといえば、決められた税金の額よりも、多くのお金を取り立てて、私腹を肥やす者がいたからです。
取り立て屋のレビは、イエスの教えを信じる正しい人でしたが、いやしい仕事をしている悪い人だと人から思われて、いつも悲しい思いをしていました。
ある日、イエスは街角でレビを見つけて言いました。
「今から、あなたの家に行ってもいいかい」
レビは、うれしくなって近所の人たちみんなに声をかけました。
でも、レビにさそわれて家に来た人といえば、取り立て屋の仲間や遊女たちなど、さげすまれた職業の人たち。そして、目の見えない人や、耳の聞こえない人、口のきけない人など、病気の人たちばかりでした。
その様子をみた学者たちは、イエスに言いました。
「どうしてあなたは、悪い人たちや、きたならしい病気の人と共に食事をするのか。けがらわしい、病気がうつったらどうする」
イエスは、学者たちに言いました。
「丈夫な人に医者はいらない。本当に医者が必要なのは、病気の人です。わたしは、あなたがたが悪人や病人と呼んで、のけ者にしている人たちを救うために来たのです」

(新約聖書マルコ福音書2章14節から17節による創作)


『あなたは?』
病気の人に親切にしてあげることができますか?
反対に、自分が病気になったら、どうしてほしいですか?
みんなで話し合ってみましょう。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL