『母の願い』(チャペルアワーより)

2017.07.30 Sunday

『母の願い』(チャペルアワーより)
イエスと弟子たちは、病気の人や、貧しい人たちの、ひとりひとりにパンを届け、共にわかちあい、神の希望を伝える旅を続けていました。そしてその評判は、しだいに国じゅうに広がっていきました。
「イエスこそが、将来のユダヤの国の王様だ」と言う人も、日に日に増えてきました。
そんなある日、イエスの弟子ヤコブとヨハネの兄弟の母親が、イエスのところにやって来てお願いをしました。
「先生が将来、ユダヤの王様になられたら、わたしの二人の息子たちを、一番と二番の大臣にしてください」
この話を聞いていた、ほかの弟子たちは、みんな腹を立てて、大騒ぎになりました。
イエスは、弟子たちを集めて言いました。
「今、ローマ人がわたしたちユダヤ人の上にたち、いばり散らしています。
しかし、あなたがたの間では、そうであってはなりません。

えらくなりたい人は、へりくだって、皆に仕える人になりなさい。
一番上に立ちたい人は、皆のしもべになりなさい。
わたしは、王様になるために、生まれてきたのではありません。

すべての人を大切に愛し、すべての人に仕えるために、この世にきたのです」
(新約聖書マタイ福音書20章20節〜28節による創作)

 

『あなたは?』

自分の子や孫には出世して、えらい人になってほしいと思いますか。

ほんとうの意味でえらくなるとは、どんなことでしょうか。

それぞれが思うことを、みんなで自由に話し合ってみましょう。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL