『うぬぼれる者は』(チャペルアワーより)

2018.01.27 Saturday

『うぬぼれる者は』

 自分こそ正しい人間だとうぬぼれて、回りを見下している人たちに、イエスはこんなたとえ話をしました。

 二人の人がお祈りをするために、神殿に来ました。

 一人は金持ちで、もう一人は、いやしい職業とされていた、税金の取立て屋でした。

 金持ちは神殿の前に堂々と立ち、心の中でこのように祈りました。

「神様、わたしは人の物を盗んだり、だましたり、不倫をしたこともありません」

 そして、後ろのほうにいた取立て屋を、ちらりと見て言いました。

「わたしは、この取立て屋のように、いやしい悪人でないことを、心から感謝します」
 取立て屋は、悔しさで目を上げることもできず、その場で胸を打ちながら言いました。
「神様、悪人のわたしを、どうか憐れんでください」
 この二人のうちで、神に正しい者とされたのは、取立て屋のほうであって、うぬぼれた金持ちではありません。
 誰でも、うぬぼれるものは神の前では低くされ、へりくだるものが高くされるのです。

(ルカ福音書18章9〜14節による創作)

 

『あなたは?』
人を見下したり、見下されたりしたことはありますか。
そのとき、どんな気持ちがしましたか。
素直な気持ちを話し合ってみましょう。

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL