幼老一体施設への展開

2018.12.12 Wednesday

幼老一体施設への展開
リビングデイサービス 施設長 小坂直樹

 

 2000年の介護保険施行と同時にスタートした、わたしたちのリビングデイサービスは、来春おかげさまで20年目の節目を迎えることになりました。


 近年、こども、お年寄り、障害者といった、従来の縦割り福祉の型を打ち破り、地域のすべての世代の人を受け入れる、富山型デイサービスを始めとする、地域共生型サービスを、国も推進するようになってきました。


 こどもとお年寄りが一つ屋根の下で生活することには、こどもの思いやりと優しさの気持ちを育てる効果や、お年寄りが自分の役割を見つけ生活意欲が高まるなど、さまざまな効用が報告されています。


 リビングデイサービスは、この19年間地域のお年寄りと共に過ごす、老人デイサービスセンターとして運営を行ってきましたが、2019年4月より、地域の放課後児童を受け入れる民間学童保育を立ち上げる準備をしています。


 学童を受け入るもう一つの理由には、地元の南小立野小学校校区の学童保育が、支援員不足のため、希望者全員を受け入れることができないという、ひっ迫した現状があります。


 リビングデイサービスの職員には、保育士の資格を持つ者もおり、看護職員も常駐しています。隣には小坂医院があり、緊急時には医師の対応も可能です。それ以外の職員も、全員介護福祉士の資格をもっており、心身に障害を持つお子さんのケアの教育を受けています。


 大人数の学童保育では過ごすことの難しかった、配慮の必要なお子さんでも過ごしやすい環境であるといえます。

 

 来年度に向けて、一人でも多くのこどもたちに、放課後安心して過ごせる新しい居場所を作っていきたいと考えています。


コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL