21世紀美術館へ

2007.08.08 Wednesday

 6月6日に21世紀美術館に行った時に、建物のまわりに植えてある朝顔の苗が大きくなった頃に、もう一度来ましょうと、利用者の皆さんと約束しました。新聞記事で、このアサガオが咲いたことを知ったので、早速出かけてみました。



 まるーい建物の回り全部を這うように、朝顔のつるがのびていました。



 建物の中からも見てみます。午後から行ったのですが、まだ花がたくさん咲いていました。



 ついでに、無料展示スペースを回ってきました。上の写真は、底に人が動いて見える「スイミング・プール」(プールレアンドロ・エルリッヒ作)です。



 ジェームス・タレルさんの作った
「タレルの部屋」
に入ってみました。みんなで天井を見上げています。



 天井にあいた真四角の穴から見える空模様が、刻々と変わっていきます。



 しかし、炎天下の日は、鑑賞もちょっとつらいです。ほんとうに天井に巨大な穴があいているので、クーラーはきいていません。雨の日は、濡れながら空を見るそうです。



 最後に、「ガーリッシュ・カルチャー*GIRLISH CULTURE<リカちゃん>少女のあこがれ史40 年」という企画スペースを見てきました。これは職員のほうが喜んでいたかなぁ。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL