『永遠に渇くことのない水』(チャペルアワーより)

2018.05.06 Sunday

『永遠に渇くことのない水』
イエスが旅の途中で、サマリアの町を通った時のことです。
歩き疲れたイエスが、町はずれの井戸の前に座ると、ちょうどサマリア人の女が、水を汲みにやって来ました。
イエスは女に頼みました。
「わたしにも、水を飲ませてください」
サマリアの女は驚いて聞き返しました。
「あんたはユダヤ人なのに、どうしてサマリア女のわたしに、水を飲ませてなんて言うんだい。
ユダヤ人は、サマリア人に近寄るとけがれると言って、差別するくせに」
そんな嫌味を言いながら水をくれた女にもイエスは感謝し、ゴクゴクと美味しそうに飲み干して言いました。
「この井戸の水を飲む者は、すぐにまた渇く。しかし、わたしが与える水を飲む者は、永遠に渇くことがない。」
女は町に帰って、サマリア人を差別しないユダヤ人に会ったことに驚いて、みんなに話しました。
町の人たちはイエスを家に泊めて、彼の話を熱心に聞きました。
そうして多くのサマリア人が、自分たちを差別せず、平和と平等を説くイエスの教えに感心して、彼こそが、この世の救い主だと信じたのでした。
(新約聖書ヨハネ福音書4章4節〜15節による創作)

 

『あなたは?』
イエスがサマリアの女に言った『永遠に渇くことのない水』とは、どんなものなのでしょうか。
あなたにも飲むことができるでしょうか。
みんなで考えて、話し合ってみましょう。

 

 

リスと松ぼっくりとエビフライ

2018.05.02 Wednesday

皆さま、大型連休はいかがお過ごしでしょうか。

上の写真は、施設長が軽井沢で拾ってきた、カラマツの実です。

真ん中のエビフライみたいなのは、リスがかじった松ぼっくりの食べかすだそうです。

デイサービスのリスたちにも、食べさせてみました(^^)

『見失った羊』(チャペルアワーより)

2018.04.23 Monday

『見失った羊』
 イエスの話を聞こうと、毎日たくさんの人が集まってきました。
 その中には、重い皮膚病の人や、売春婦、ローマ帝国の手先として働いていた税金の取り立て屋など、世間から忌み嫌われていた人々もいました。
 イエスは、その人たち一人一人に声をかけて、手を取り、時には抱きしめ、共に食事をして、生きる勇気を与えました。
 そのことを知った学者たちは、口々にイエスのことをけなしはじめました。
「こんな、けがらわしい人たちに触れて、食事まで一緒にするなんて、頭がおかしくなったんじゃないか。病気がうつったらどうするんだ。」
 イエスは、学者たちに言いました。
「あなたがたの中で、百匹の羊を飼っている人がいるとします。その中の一匹がいなくなったら、九十九匹を牧場に残しても、見失った一匹を探し回らないでしょうか。
 自分の子供の一人がいなくなったら、どれだけ苦労しても、見つかるまで探し回るのと同じです。
  そして、その子を見つけたら、抱いて帰り食事を与えて、近所の人にこう言うでしょう。
「いなくなった子が見つかったのです。一緒に喜んでください」
 そのように神は、すべての人をわが子として、愛してくださるのです」
(新約聖書ルカ福音書15章1節から7節よる創作)

 

『あなたは?』
よその人で困っている人がいたら、自分の家族のように助けてあげることはできますか。
できないとしたら、その理由は何でしょうか。
素直な気持ちを話し合ってみましょう。

ようこそWelcome Spring!

2018.04.20 Friday

チューリップが可愛く咲く春です。ようこそ、リビングデイサービスへ!

JUGEMテーマ:handmad

りっぱな眉の金太郎と熊

2018.04.18 Wednesday

うぁー!ずいぶん、りっぱな眉毛の金太郎とクマさんですね。98歳の作者のおばあちゃん好みのイケメンです!

JUGEMテーマ:初節句(雛飾り・五月人形・こいのぼりなど)

『丈夫な人に医者はいらない』

2018.04.14 Saturday

『丈夫な人に医者はいらない』

イエスが生きていた時代、税金の取り立て屋は、みんなから嫌われていました。
なぜかといえば、決められた税金の額よりも、多くのお金を取り立てて、私腹を肥やす者がいたからです。
取り立て屋のレビは、イエスの教えを信じる正しい人でしたが、いやしい仕事をしている悪い人だと人から思われて、いつも悲しい思いをしていました。
ある日、イエスは街角でレビを見つけて言いました。
「今から、あなたの家に行ってもいいかい」
レビは、うれしくなって近所の人たちみんなに声をかけました。
でも、レビにさそわれて家に来た人といえば、取り立て屋の仲間や遊女たちなど、さげすまれた職業の人たち。そして、目の見えない人や、耳の聞こえない人、口のきけない人など、病気の人たちばかりでした。
その様子をみた学者たちは、イエスに言いました。
「どうしてあなたは、悪い人たちや、きたならしい病気の人と共に食事をするのか。けがらわしい、病気がうつったらどうする」
イエスは、学者たちに言いました。
「丈夫な人に医者はいらない。本当に医者が必要なのは、病気の人です。わたしは、あなたがたが悪人や病人と呼んで、のけ者にしている人たちを救うために来たのです」

(新約聖書マルコ福音書2章14節から17節による創作)


『あなたは?』
病気の人に親切にしてあげることができますか?
反対に、自分が病気になったら、どうしてほしいですか?
みんなで話し合ってみましょう。

五月人形を作っています。

2018.04.12 Thursday

元気な金太郎とクマさんのマスコットを製作中です!

JUGEMテーマ:初節句(雛飾り・五月人形・こいのぼりなど)

おやすみクマさん

2018.04.11 Wednesday

いつも、にぎやかなデイサービスだけど、

ときには、目をつむって、静かに考える時間も必要だよね。

JUGEMテーマ:handmade

ぽんぽこ狸

2018.04.10 Tuesday

みなさん、ごきげんよう!

ちょっとダンディーなタヌキさんです。

JUGEMテーマ:handmade

春の妖精たち

2018.04.09 Monday

チューリップの花びらから生まれた、春の妖精たちです。

JUGEMテーマ:handmade