『敵のために祈りなさい』(チャペルアワーより)

2017.10.07 Saturday

『敵のために祈りなさい』
 昔の人は「目には目を、歯には歯を」と言いました。ひどいことをされたら、やり返せということです。
 しかしイエスは言いました。悪に歯向かってはなりません、あなたの敵を愛しなさい。
 自分によくしてくれる人だけを愛することなら、泥棒や人殺しでさえもします。そんなことで、あなたに何の恵みがあるでしょう。
 あなたを憎む人に、親切にしなさい。あなたの悪口を言う人の、幸せを祈りなさい。
 あなたのほおを打つ者には、反対のほおを向けてやりなさい。
 人の上着をとろうとする相手には、シャツも持たせてやりなさい。
 相手が良い人であろうと、悪い人であろうと、求める者には誰にでも与えなさい。
 わたしたちの神様は、良い人にも、悪い人にも、何の区別もなく、同じように太陽を昇らせ、雨を降らせて、恵みを与えてくださいます。だから、あなたもそうしなさい。

(新約聖書マタイ福音書5章38節から48節による創作)

 

『あなたは?』

自分にいやなことをする人に、笑顔で挨拶できますか。

イエスが教えたように、自分に嫌がらせをする人に、よくしてあげることはできるでしょうか。

できないとしたら、それはなぜでしょうか。

みんなで、率直な思いを話し合ってみましょう。

今月の祈り2017年10月

2017.10.06 Friday

『みちびきの祈り』
神様、わたしたちが、正しい人でありますようにみちびいてください。
自分には優しく、人には厳しいことのないように。
自分のことは言い訳をし、人のことは非難することのないように。
人から受ける好意を、当たり前のことと思わないように。
毎日、人にどれだけ多くのことを要求し、

その反対に、人からどれだけ多くのことをしてもらっているかを、忘れないように。
自分が、人からしてもらいたいと思うことを、人にもすることができますように。
あなたの愛によって、お願いします。
(バークレーの祈りより)

金持ちとラザロ(チャペルアワーより)

2017.09.30 Saturday

『金持ちとラザロ』

イエスは、こんなたとえ話をしました。
ある金持ちがいました。紫色の高級服を着て、毎日を楽しく過ごしていました。
その金持ちの屋敷の前に、ラザロというホームレスの男がいました。ごちそうの残りをもらえないかと思い寝起きしていましたが、やって来たのは、ひどい皮膚病のラザロの傷をなめる犬だけでした。
ラザロは道端で死んで、天使が天国へ連れていきました。
その後金持ちも死んで、立派な葬式が行われたあと、ふと気づくと地獄の火の中にいました。
金持ちが遠く天国を見上げると、ご先祖様の懐に抱かれたラザロがいました。驚いた金持ちは大声を上げて言いました。
「ご先祖様、ラザロに水を持たせて、わたしに届けてください。炎の中で焼け死にそうです」
ご先祖様は言いました。
「金持ちよ、思い出してみなさい。お前は生きている間に、いい思いばかりをした。しかし、ラザロは悪い思いばかりをしてきたのだ。だから、ラザロは今こうやって慰められ、お前は苦しまなければならない」

(新約聖書ルカ福音書16章19節から26節による創作)

 

『あなたは?』
天国と地獄は、どんなところだと思いますか。
どうやったら、天国へ行けるでしょうか。
地獄へ行くのは、どんな人でしょうか。
みんなで、思いついたことを話し合ってみましょう。

 

 

良い木は良い実を結ぶ(チャペルアワーより)

2017.09.09 Saturday

『良い木は良い実を結ぶ』
イエスは、よく繁った木に実る、ブドウやイチジクの実が大好きでした。そして、このように言いました。
「良い木が良い実を結ぶのです。決して、悪い木が良い実を結ぶことはありません」
そう言って、よく伸びた枝に実るブドウの実を手に取り、弟子たちに分け与えて言いました。
「この美しく、大きなブドウの実を手に取ってみなさい。味わってごらんなさい。とても、甘くておいしいでしょう。
そして、その木を見てみなさい。
神が与えてくださった、日の光をいっぱいに浴びて、雨から十分な水分を得て、すくすくと育っています。
このように良い木が良い実を結ぶのです。
その実を見て、味わってみれば、その木が良い物かどうかがわかります。
あなたがたにも、同じことがいえます。
良い人は、良い心の中から、良い物をもたらし、悪い人は、悪い心の中から、悪い物をもたらします。
その人の心から満ちあふれたものが、その人の口から語られるのです。
(新約聖書マタイ福音書7章15〜20節、ルカ福音書6章43〜45節による創作)

 

『あなたは?』

果物の木が良い実をつけるためには、何をしたら良いと思いますか?

自分の良い心を育てるには、何をしたら良いでしょうか?

みんなで話し合ってみましょう。

『収穫の祈り』

2017.09.06 Wednesday

今月の祈り2017.9
『収穫の祈り』
田んぼには、美しい稲穂が
頭(こうべ)を垂れ、
たくさんのお米が実りました。
畑には、生き生きとした葉が茂り、
立派な野菜やくだものが実りました。
そのお米と野菜やくだものを、
今日も、わたしたちはいただきます。
わたしたちが眠っている間にも、
作物を育ててくださった、
あなたに感謝します。
あなたの恵みによって、
わたしたちは、今日も元気に
生きることができます。
世界中の飢えた人々にも、
あなたの恵みが届けられますように。
世界のすべての人の、
おなかと心が満たされますように。
あなたの愛によって、お祈りします。

『野に咲く花のように、空を飛ぶ鳥のように』(チャペルアワーより)

2017.09.02 Saturday

『野に咲く花のように、空を飛ぶ鳥のように』(チャペルアワーより)

 明日のことが心配で心配でたまらない、「どうしよぅ、心配や、大丈夫かぁ」と、いつも口ぐせのように言う人がいました。
 そんな人にイエスは言いました。
 さあ、青空を見上げて、大空を飛ぶ鳥を見てごらんなさい。
 種をまかず、 刈り入れもせず、納屋も倉も持ちません。それでも神様は、鳥がお腹をすかせることのないように、ちゃんと、やしなってくださいます。
 野に咲く美しい花を見てみなさい。働きもせず、紡ぎもしないけれど、世界で一番栄えた王でも、この花一つほどにも、着飾っていなかっでしょう。
 今日は野にあって、明日は刈り取られる花でさえも、神様はこのように立派に装ってくださるのです。
あなたは、花や鳥よりも、もっと価値のある人間なのですから、なおさら神様は、よくしてくださるのですよ。
 神様は、あなたに何が必要なのかを、ちゃんと知っておられます。真剣に祈って求めれば、求めたものに、さらに加えて与えてくださいます。
 明日のことは心配しないで大丈夫。今日の苦労は今日だけで十分なのですよ。
(新約聖書マタイ福音書6章25〜33節、ルカによる福音書 12章22〜31節による創作)
 
『あなたは?』
今の心配なことは何ですか。
その心配事は解決できると思いますか。
それとも、あきらめないといけないことですか。
みんなで知恵を出し合って考えてみましょう。

コケコッコー。今日も良い一日を!

リビングデイサービスさん(@livingday)が投稿した写真 -

今月の祈り『収穫の祈り』

2017.09.01 Friday

田んぼには、美しい稲穂が
頭(こうべ)を垂れ、
たくさんのお米が実りました。
畑には、生き生きとした葉が茂り、
立派な野菜やくだものが実りました。
そのお米と野菜やくだものを、
今日も、わたしたちはいただきます。
わたしたちが眠っている間にも、
作物を育ててくださった、
あなたに感謝します。
あなたの恵みによって、
わたしたちは、今日も元気に
生きることができます。
世界中の飢えた人々にも、
あなたの恵みが届けられますように。
世界のすべての人の、
おなかと心が満たされますように。
あなたの愛によって、お祈りします。

 

すりきれない財布(チャペルアワーより)

2017.08.26 Saturday

『すり切れない財布』
昔、金持ちの男がいました。ある年のこと、その男の畑が大豊作になり、しまっておく場所がないほど、たくさんの作物がとれました。
それで男は、大笑いしてこう言いました。
「今もっている倉をこわして、もっと大きな倉を建てよう。そこに、食料と財産をしまいこんで、これから何年も遊んで暮らすんだ。ワッハッハ!」
そんな男に、イエスは言いました。

「いくら地上に財産をため込んでも、今夜あなたが死んでしまったら、その財産は、いったい誰のものになるのですか?
しかも、地上の倉には、虫がくったり、さびついたり、泥棒が忍び込んで、盗んでいったりします。
財産を天国にためなさい。そこでは虫が食うことも、さびつくこともなく、泥棒に盗まれる心配もないのです。
余分な持ち物とお金を、困っている人に分け与えなさい。そうすれば、天国のすり切れることのない財布に、尽きることのない財産を積むことになるのですよ。
あなたの財産のあるところに、あなたの心もあるのです。この世ではなく、天国に財産をためなさい。」
(新約聖書マタイ福音書6章19節〜21節による創作)

 

『あなたは?』
今、お金をもらうか、天国でごほうびをもらうか、どちらかを選べるとしたらどちらを選びますか?

難しく考えずに、思ったことを、素直に話し合ってみましょう。

『良いことは隠れてしなさい』(チャペルアワーより)

2017.08.17 Thursday

『良いことは隠れてしなさい』
 イエスは言いました。

「自分の良い行いを、人前で見られないように気をつけなさい。そうしないと、神様からのごほうびをいただくことができません。
 生活に困っている貧しい人たちを、経済的に助けたり、病気や障がいを持つ人の、暮らしを援助することは良いことです。
 しかし、本当は相手のためではなく、自分が人からほめられるために、そのようなことをする人がいます。そんな人は、自分はこんなに良いことをしたのだと、みんなの前で得意になって言いふらします。
 まるで、たくさんの人が集まる大通りで、大きな音でラッパを吹き鳴らしているようなものです。

 その人は、人から「えらいね」と言われることで、もう、ごほうびをもらっているのですから、神様からのごほうびはもらえません。
 良いことをするときには、右手でしていることを、左手に知られないくらいに、ひそやかにしなさい。
そうすれば、いつも隠れたところを見ておられる神様から、あなたにごほうびが与えられるのです。」
(新約聖書マタイ福音書6章1節〜4節による創作)

 

『あなたは?』
人に見られないところで、よい行いをしている人を知っていますか。
人からもらうごほうびではない、神様から与えられるごほうびとは何でしょうか。
それぞれの思うことを話し合ってみましょう。

『不倫の女』(チャペルアワーより)

2017.08.05 Saturday

『不倫の女』

 イエスは、世間の人が近づきたがらない重い病気の人や、差別された職業の人とも分けへだてなく付き合い、食事を共にし、希望を語りました。

 そんなイエスの行いが、しだいに人々から評価されてくると、学者たちはイエスを激しくねたみました。そして、どうにかしてイエスの落ち度をみつけて、訴えてやろうとしました。

 ある日、学者たちが一人の女をつれて来て、イエスに問いました。

「先生、この女は不倫の現場でとらえられました。ユダヤの法律では、こういう女には石を投げつけて、打ち殺すことになっています。わたしたちは、どうすべきですか」

 イエスが「女をゆるせ」と言えば法律違反で訴えてやろう。「石を投げよ」と言えば、日頃イエスが教える神の愛とは違うと追求してやろうと思い、学者たちはカッカしてイエスに注目していました。

 イエスは、その場にいた人たち皆に言いました。

「あなた方の中で、罪を犯したことのないものから、この女に石を投げなさい」

 すると、まず年寄りがその場を去り、続いて一人また一人と、女を取り囲んでいた学者たちも野次馬たちも、誰もいなくなりました。

 ひとり残った女に、イエスは言いました。

「わたしも、あなたを裁かない」

(新約聖書ヨハネ福音書8章3節〜11節による創作)

 

『あなたは?』
悪いことをした人は裁かれるべきだと思いますか。

あなたは、イエスのように罪人をゆるすことができますか。

できないとしたら、それはどうしてでしょうか。

(正解はありません)建前ではなく、本音で話し合ってみましょう。

(写真は本文とは関係ありません)

続きを読む >>