今月の祈り2017年11月(チャペルアワーより)

2017.11.06 Monday

『支え合いの祈り』
神様。
あなたは、わたしたちが互いに、支え合って生きていくことを、望んでおられます。
わたしたちが、どんな人とも、共に安らかに生活できますように。
どうか、わたしたちに寛容な心を与え、
自分の好きでないことを、すぐに排除することのないように、
自分のことよりも、人のことを先に考えることができるようにさせてください。
わたしたちに、親切な心を与え、誰かが見ていても、いなくても、最善のことができますように。
あなたの愛によってお願いします。
(バークレーの祈りより)

岩の上に建てた家(チャペルアワーより)

2017.11.04 Saturday

 イエスは、このように言いました。
「神様、神様と、ただ毎日お参りをしている人すべてが、天国に行けるわけではありません。
神の教えを聞いて、それを行う人が天国に行けるのです。
分けへだてなく、どんな人とも仲良くし、お互いに大切にしなさいという、神の言葉を聞いて、実践する人は、岩の上に自分の家を建てる、かしこい人に似ています。
硬い岩の上に土台をすえた家は、台風が来ても、洪水が来ても、決して倒れることがありません。
わたしの言葉を聞いても、心でそう思うだけで実践しない人は、砂の上に家を建てる、愚かな人と同じです。
その家は台風が来たら、すぐに飛ばされてしまいます。洪水が来たら、一瞬で流されてしまいます。
あなたがたは、岩の上に家を建てる人になりなさい。
(新約聖書マタイ福音書7章21節〜27節による創作)

 

『あなたは?』
これから家を建てるとしたら、どんな場所にどんな家を建てたいですか。
その理由は何ですか。自由に夢を語り合ってみましょう。

エプロンくまさん

2017.10.30 Monday

青いエプロンをつけた、しろクマさんです。なんともいえない脱力感に癒されますね。97歳のおばあちゃんの作品です。

JUGEMテーマ:handmade

人の目のおがくず(リビングデイサービス・チャペルアワーより)

2017.10.28 Saturday

『人の目のおがくず』
 人の間違いが気になって、しかたがない人がいます。ひまさえあれば、人の批判ばかりしています。だまっていることが、できません。
 それどころか、わざわざ、その人の前に行って、こんなふうに、言ってしまします。
「あなた、どうしていつも、そんなことばかりしているの?」
「あなた、こうしたほうがいいわよ」
「あなたのために、言ってあげてるのよ!」
 まわりのみんなが困っているのに、いっこうに気にしません。
 言ってあげるのが、いいことだと思いこんでいるようです。
 そんな人に、イエスは言いました。
「あなたが人を測るその物差しで、あなたも測られるのですよ。あなたは自分の目の中に、大きな材木が入っているのに気づかないで、どうして、人の目の中にある、小さなおがくずが気になるのですか?
人に「あなたの目の中の、おがくずを取ってあげる」と言う前に、まず、自分の目に入っている材木を取りのぞきなさい。そうすれば、ようやく人のこともよくわかるようになるでしょう。」
(新約聖書マタイ福音書7章1〜5節、ルカ福音書6章41〜42節による創作)

 

『あなたは?』
人のよくない行いは目につくのに、自分の悪いことには、自分では気づかないと思うことはありませんか。

自分が体験したことをもとに、みんなで話し合ってみましょう。

クマちゃんますこっと

2017.10.27 Friday

ピンクと黄色のくまちゃんマスコット。88歳のおばあちゃんの手作りです。

「君を見てると、やさしい気持ちになれるよ。」

JUGEMテーマ:handmade

カラフルモンキーズ

2017.10.26 Thursday

元気な3匹のお猿さんたちが出来上がりました。

「色を増やしてどんどんつなげていきたいな」作者の93歳のおばあちゃんは、まだまだやる気充分ですよ。

JUGEMテーマ:handmade

大きなアケビがとれました。

2017.10.25 Wednesday

長さ15センチくらいあります。紫色の大きなアケビが、デイサービスの庭になりました。

ムラサキの皮の中には、とってもあまーい実があります。お年寄りみんなで昔を懐かしながら、いただきました。

 

JUGEMテーマ:家庭菜園

貧しい人は幸いです(チャペルアワーより)

2017.10.21 Saturday

『貧しい人は幸いです』
イエスの評判がユダヤの国じゅうに広まると、イエスを一目その目で見て、その教えを聞き、その体にふれて、幸せになりたいと願う多くの人が、イエスのもとに集まってきました。
イエスは、山にのぼり、たくさんの人を前にして、こう語りました。
貧しい人は、幸いです。
天国は、その人のものだからです。
泣いている人は、幸いです。
その人は、なぐさめられるからです。
おだやかな人は、幸いです。
その人は、土地を受けつぐからです。
おなかを減らしている人は、幸いです。
その人は、これから満たされるからです。
情け深い人は、幸いです。
その人は、情けを受けるからです。
心の清らかな人に、幸いです。
その人は、天国で神に出会えるからです。
平和を作り出す人は、幸いです。
その人は、神の平和を受け継ぐ人と呼ばれるからです。
正しい行いをしたために、ののしられ、根も葉もない悪口を言われ。迫害される人は幸いです。
その人は、これから神から大きなごほうびをもらって、躍り上がって喜ぶようになるからです。
(新約聖書マタイ福音書5章1節〜12節による創作)
 
『あなたは?』
金持ちよりも、貧しい人の方が良いところは、どんなところだと思いますか。
強い人よりも、弱い人の方が得をすることはないでしょうか。
みんなで、率直な意見を出し合ってみましょう。

とらのおやこ

2017.10.19 Thursday

可愛く穏やかな表情の中にも、燃える闘志を秘めていますよ(^o^)

低くすれば高められる(チャペルアワーより)

2017.10.14 Saturday

『低くすれば高められる』
 宴会に招かれた客たちが、我こそはと上座に座ろうとする様子を見て、イエスは言いました。
 あなたが上座にすわったそのあとに、あなたよりも身分の高い人が、やってくるかもしれませんよ。
 そうしたらあなたは、
「申し訳ありませんが、この方に席を譲っていただけないでしょうか」
と主催者から言われて、大恥をかくことになります。
 人から招待を受けたら、自分から上座にすわらず、かえって末席にすわるほうがよいのです。
 そうすればあなたは、主催者から
「遠慮せずに、もっと上におすわりください」
と言われて、上座を勧められるでしょう。
 そしてあなたは、その場にいる人みんなから、謙虚な人だと思われて、あなたの評価は、さらに高まるのです。

 天の神様も、自分を低くするあなたを高いものとしてくださいます。
 誰でも、自分を高く見せようとする人は低くされ、へりくだる人が高められるのです。
(新約聖書ルカ福音書14章7〜11節をもとにした創作)

 

『あなたは?』
なじみの場所で、いつもすわるお気に入りの席はありますか。
その席が好きな理由は何ですか。その席を、人にゆずってあげることがはできますか。
ざっくばらんに、自分の気持ちを話しあってみましょう。

続きを読む >>