茶色のダックス、黄色のダックス

2017.10.10 Tuesday

黄色のダックス君に、ちょっとシャイな茶色のお友達ができました。

JUGEMテーマ:handmade

『敵のために祈りなさい』(チャペルアワーより)

2017.10.07 Saturday

『敵のために祈りなさい』
 昔の人は「目には目を、歯には歯を」と言いました。ひどいことをされたら、やり返せということです。
 しかしイエスは言いました。悪に歯向かってはなりません、あなたの敵を愛しなさい。
 自分によくしてくれる人だけを愛することなら、泥棒や人殺しでさえもします。そんなことで、あなたに何の恵みがあるでしょう。
 あなたを憎む人に、親切にしなさい。あなたの悪口を言う人の、幸せを祈りなさい。
 あなたのほおを打つ者には、反対のほおを向けてやりなさい。
 人の上着をとろうとする相手には、シャツも持たせてやりなさい。
 相手が良い人であろうと、悪い人であろうと、求める者には誰にでも与えなさい。
 わたしたちの神様は、良い人にも、悪い人にも、何の区別もなく、同じように太陽を昇らせ、雨を降らせて、恵みを与えてくださいます。だから、あなたもそうしなさい。

(新約聖書マタイ福音書5章38節から48節による創作)

 

『あなたは?』

自分にいやなことをする人に、笑顔で挨拶できますか。

イエスが教えたように、自分に嫌がらせをする人に、よくしてあげることはできるでしょうか。

できないとしたら、それはなぜでしょうか。

みんなで、率直な思いを話し合ってみましょう。

今月の祈り2017年10月

2017.10.06 Friday

『みちびきの祈り』
神様、わたしたちが、正しい人でありますようにみちびいてください。
自分には優しく、人には厳しいことのないように。
自分のことは言い訳をし、人のことは非難することのないように。
人から受ける好意を、当たり前のことと思わないように。
毎日、人にどれだけ多くのことを要求し、

その反対に、人からどれだけ多くのことをしてもらっているかを、忘れないように。
自分が、人からしてもらいたいと思うことを、人にもすることができますように。
あなたの愛によって、お願いします。
(バークレーの祈りより)

遅咲きの花、大器晩成のトマト

2017.10.05 Thursday

リビングデイサービスの窓際で育てていたミニトマトが、ようやくほんのりと赤く色づいてきました。

上のほうには、今咲いたばかりの花、これから咲く花もあります。超遅咲きの花ですね(^^)

大器晩成と遅咲きの花は、うちのモットーでもありますね。

90歳を過ぎても、100歳過ぎても、皆さんますます元気、まだまだ花も実もある人生です。

金持ちとラザロ(チャペルアワーより)

2017.09.30 Saturday

『金持ちとラザロ』

イエスは、こんなたとえ話をしました。
ある金持ちがいました。紫色の高級服を着て、毎日を楽しく過ごしていました。
その金持ちの屋敷の前に、ラザロというホームレスの男がいました。ごちそうの残りをもらえないかと思い寝起きしていましたが、やって来たのは、ひどい皮膚病のラザロの傷をなめる犬だけでした。
ラザロは道端で死んで、天使が天国へ連れていきました。
その後金持ちも死んで、立派な葬式が行われたあと、ふと気づくと地獄の火の中にいました。
金持ちが遠く天国を見上げると、ご先祖様の懐に抱かれたラザロがいました。驚いた金持ちは大声を上げて言いました。
「ご先祖様、ラザロに水を持たせて、わたしに届けてください。炎の中で焼け死にそうです」
ご先祖様は言いました。
「金持ちよ、思い出してみなさい。お前は生きている間に、いい思いばかりをした。しかし、ラザロは悪い思いばかりをしてきたのだ。だから、ラザロは今こうやって慰められ、お前は苦しまなければならない」

(新約聖書ルカ福音書16章19節から26節による創作)

 

『あなたは?』
天国と地獄は、どんなところだと思いますか。
どうやったら、天国へ行けるでしょうか。
地獄へ行くのは、どんな人でしょうか。
みんなで、思いついたことを話し合ってみましょう。

 

 

緑と黄色のちびくまさん

2017.09.27 Wednesday

フェルトで作られたちびクマさんたち。何か楽しいお話をしているようですね。

今年もアケビが実りました!

2017.09.26 Tuesday

とってもあまーいアケビが、今年もデイサービスの庭に実りました!

8年位前に2本の苗を植えたのが育って、毎年収穫の量が増え、実も大きくなっていきます。

えっ、「これどうやって食べたらいいの」って。

お年寄りのみなさんは、昔を思い出しながら、みんな上手に食べておられますよ(^^)

黄色い子リス

2017.09.25 Monday

やさしい黄色のフェルトで作られた、子リスのぬいぐるみです。

材料はほとんど100円均一でそろえたものですが、組み合わせのセンスで、こんなに可愛く仕上がります。

手芸の技術に加えて、曾孫さんのために作ってあげたいという意欲と愛情が、作品を美しく光らせていますね!

 

きょうだいのマスコット

2017.09.21 Thursday

ふたりのひ孫さんをイメージして作られました。93歳のひいおばあちゃんの手作りです。

自分のマスコットを作ってもらえるなんて、なんて幸せなお子さんたちでしょう!

良い木は良い実を結ぶ(チャペルアワーより)

2017.09.09 Saturday

『良い木は良い実を結ぶ』
イエスは、よく繁った木に実る、ブドウやイチジクの実が大好きでした。そして、このように言いました。
「良い木が良い実を結ぶのです。決して、悪い木が良い実を結ぶことはありません」
そう言って、よく伸びた枝に実るブドウの実を手に取り、弟子たちに分け与えて言いました。
「この美しく、大きなブドウの実を手に取ってみなさい。味わってごらんなさい。とても、甘くておいしいでしょう。
そして、その木を見てみなさい。
神が与えてくださった、日の光をいっぱいに浴びて、雨から十分な水分を得て、すくすくと育っています。
このように良い木が良い実を結ぶのです。
その実を見て、味わってみれば、その木が良い物かどうかがわかります。
あなたがたにも、同じことがいえます。
良い人は、良い心の中から、良い物をもたらし、悪い人は、悪い心の中から、悪い物をもたらします。
その人の心から満ちあふれたものが、その人の口から語られるのです。
(新約聖書マタイ福音書7章15〜20節、ルカ福音書6章43〜45節による創作)

 

『あなたは?』

果物の木が良い実をつけるためには、何をしたら良いと思いますか?

自分の良い心を育てるには、何をしたら良いでしょうか?

みんなで話し合ってみましょう。

続きを読む >>